DIOR + BALENCIAGA展 @ファッション工科大学(FIT)


皆様、こんにちは。IRC JAPANの安積です。
大学で諸々の手続きを終えたあとに、今日もファッション工科大学(FIT)内にある美術館へ。
現在The Museum at FITでは、先日こちらのブログでご紹介したSHOES展のほかにも「ディオール+バレンシアガ:クチュールの王とその遺産」が開催されています。
ディオールとバレンシアガは、経歴はかなり異なるもの、エレガンスに対する時代の渇望を満たすファッションを同時に生み出し、二度にわたる世界大戦による荒廃から、フランスの経済や文化の復興に貢献しました。

こちらの展示会では、ディオールの刺繍入りイブニングドレスやカクテルドレス、バレンシアガのサックドレスなど数多くの作品が展示されており、オートクチュールの複雑な構造を映像を通してわかりやすく説明しています。
モスリンの複製やデジタルパターン、3Dシミュレーションなどを見ることで、オートクチュールの複雑な構造を知ることができる素晴らしい展示会は、オンラインでも一部ご覧いただけます。
ご興味のある方は、ぜひこちらからご覧ください。
 
《The Museum at FIT》
DIOR + BALENCIAGA: THE KINGS OF COUTURE AND THEIR LEGACIES