政治家に必要なボディランゲージ〜表情筋の使い方〜


みなさん、こんにちは。

IRC JAPAN事務局です。

 

本日は、YouTubeチャンネルの中でIRC JAPAN代表の安積陽子が

『自民党総裁選目前!政治家に必要なボディランゲージ〜表情筋の使い方〜』をご紹介しています。

 

 

 辞意を表明した安倍首相の後任を選ぶ自民党総裁選。

候補者三氏のインタビューを見ていて気になるのが、その表情と話し方です。

インタビュアーではなく、レンズの向こう側にいる国民に向けて、
しっかりとカメラ目線で話されている候補者が一人もいません。
一国のリーダーを目指している方々が、歯切れの悪い滑舌と
弱々しいアイコンタクトで「国民からの納得と共感」「国民からの信頼を得るために」などと主張しても、
政治不信の高まる今の時代、言葉に説得力が欠けて聞こえてしまいます。
生まれもった背丈や顔立ちを変えらなくとも、正しいトレーニングとご本人の意識次第で、
リーダーに相応しい顔つきやプレゼンスは後天的に得られるものです。
コロナ対策、経済対策など大きな問題や課題や山積みですが、
未来の首相にはこれまで以上に強いリーダーシップを発揮して、
日本を、そして世界を引っ張っていって欲しいと願っています。