▶︎ 動画レッスン

自分の声を録音する【印象管理術】


みなさんは「自分の声」を客観的に聞いたことがありますか?

講師業をなさっている方でしたら、撮影されたご自身の姿をご覧になり、

客観的に自分の声を聞く機会があるかもしれませんね。

「自分の声」がまわりの方にどう届いているかを知ることは、

印象管理をするうえで大切なポイントです。なぜなら普段

「自分の耳で捉えている自分の声」と、「他人の耳に届いている声」は、多くの場合異なるからです。



あなたの印象に影響を与えているのは、「自分の耳で捉える自分の声」ではなく、「他人の耳に届いている声」の方。

自分が与えたい印象をうまくコントロールするためにも、まずは携帯の録音機能などを使って自分の声を録音し、客観的に聞いてみてはいかがでしょうか?

そして、自分の声の特徴(トーン・速さ・くせ)を掴みながら、自分が思い込んでいた自分の声とギャップはないか?そして第三者の耳で聞いた時に、自分の声は周りの方へどのような印象を与えるか、分析してみてくださいね

 

投稿者

info@ircjp.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です