日本の女性が世界で活躍するために取り入れたい「グローバルキャリアスタイル」とは?Part.2


 

こだわりのオーダーメイドでエグゼクティブの風格を

 

またオーダーメイドに挑戦してみることもお勧めします。

女性もエグゼクティブになるくらいの年齢になると、体型の変化も感じていることでしょう。

以前と比べて、ヒップや太ももにボリュームが出てきたり、

くびれがなくなってきたりして、既成のスーツだと野暮ったく見えるなと

思い始めた方もいるかもしれません。

身体にカチッと合ったテーラード・ジャケットなら、自然と風格を醸し出します。

素材やディティールにこだわるのもいいでしょう。既製服では出せない味を出すことができます。

最近は、女性のスーツのパターンオーダーやフルオーダーメイドも充実しています。

リーズナブルな価格帯では、ジャケットが3万円代から、

スカートやパンツが25000円くらいから作ることができます。

一度、自分の身体にぴったりと合ったデザインやサイズ、

素材を知ってしまえば、後はそのパターンをもとに変化を加えればいいだけです。

東京都知事・小池百合子氏もご自分にあったスーツの型を持ち、

色や素材だけを変えてバリエーションを増やしているといいます。

時間のないエグゼクティブにとっては、効率的なやり方だといえるでしょう。

 

グローバルキャリアを目指すのであれば、服装を選ぶ基準は

おしゃれかどうかではありません。「この洋服(またはアクセサリー)は

自分の品格とプロとしての意識を高めてくれるか」ということが基準になります。

これはぜひ覚えておいてください。

女性エグゼクティブ ファッション