▶︎ イメージコンサルタント養成講座

イメージコンサルタントにとって一番必要な存在 Part.1


IRC JAPANのイメージコンサルタント養成スクールでは、スクール設立以降、受講生と卒業生の方々に「365日無料相談サービス」を実施しています。

 

こちらのサービスは、スクール設立以降から大変好評で、スクールには毎日たくさんの生徒さん達から質問や相談がきます。

 

その内容は、お客様とのコミュニケーションに関するものからマーケティングに関すること、セルフブランディングに関するものからセミナーのプログラム&料金設定まで、多岐にわっています。

 

なぜ365日無料相談サービスを始めたのか?

この方針を決めたきっかけには、つぎの3つの理由があります。

 

 

①5年前に日本でイメージコンサルタント養成スクールを創設するにあたり、日本全国のイメージコンサルタント達に「卒業したスクールとの関係や、スクールへの満足度」についてヒアリングした結果、多くのコンサルタントたちが、独立後は卒業したスクールと疎遠になっていることがわかった。

 

②日本のイメージコンサルタントはメンターをもたない人が多く、ビジネスに関する相談者がいないコンサルタントは、スクールで学んだスキルを収入にうまく結びつけることができずに、6割以上が2年以内にこの仕事を辞めていることがわかった。

 

 

③イメージコンサルティングの仕事を長期にわたって続けるためには、スクールを卒業後も「ビジネス面」と「メンタル面」においてサポートをしてくれる人の存在が必要不可欠であることを、私自身が過去の経験から強く実感していた。

 

 

 

イメージコンサルティングのスクールで学んでいる間は当然、技術面に関する悩みの方が圧倒的に多いと思います。しかし独立後は、技術面に関する事よりも、ビジネスに関する悩みの方が確実に増えてきます。

 

 

 

とくに、はじめて起業をするという人にとっては、

・一般論ではなく、その人に合った具体的なアドバイスをくれるメンター(アドバイザー)


・長期的視野に立って、ビジネスについて一緒に考えてくれるメンター(アドバイザー)


・自身の失敗や成功に基づいた現実的なアドバイスをしてくれるメンター(アドバイザー)

 

 

・ときには耳の痛い話もしながら、厳しい現実を乗り越える方法を教えてくれるメンター(アドバイザー)

 

このようなメンターともいえる存在を必要とする時期が、何度も訪れることでしょう。
私がニューヨークでイメージコンサルタントとして独立したばかりの頃は、今の独立を控えている生徒さん達と同様、さまざまな不安を抱えていました。そして不安という暗闇の中、これから進む道先を光で照らしてくれる人の存在を求めていました。
そのような時期に、優しく手を差し伸べてくれたのは、国際イメージコンサルタント協会(AICI)の創立者であり、IRC NEW YORKの代表を務めるDominique Isbecqueと、同じくニューヨークで活躍していたイメージコンサルタントCarol Davidsonでした。

 

 

Part.2へつづく

投稿者

info@ircjp.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です