イメージコンサルタントにとって一番必要な存在 Part.3

今回の記事は、前回の記事の続きになります。

前回までの記事はこちらからご覧ください。

「イメージコンサルタントにとって一番必要な存在 Part.1」
http://ameblo.jp/irc-japan/entry-11882300791.html

「イメージコンサルタントにとって一番必要な存在 Part.2」
http://ameblo.jp/irc-japan/entry-11884613006.html


一緒に働けるチャンスをドミニクから貰ったことにより、Image Resource Centerで働いている間は、エキサイティングなコンサルテーションの現場をいくつも見ることができました。また、数々の大規模なコーポレートセミナーに参加することができました。


イメージマネジメントという仕事が人々に与える影響力の大きさを実感し、「イメージコンサルタントとしてもっと成長したい!」と意欲が高まる毎日。

日本とは異なるアメリカの企業文化の中で体験する驚きや発見の数々。

 

ニューヨークのイメージコンサルタント達と仕事をしていく中で気づきはじめたのは、成功しているイメージコンサルタント達の裏には必ず、ブレーンとなる第三者の存在がいるということでした。

「第三者の存在」とは、自分が持っているリソース(能力やスキル・個性・強み)を最大限に発揮させ、進みたい道をみずから切り開けるようサポートしてくれる人たち。

第三者の存在は、“メンター”であったり、“コーチ”であったり、“トレーナー”であったり、呼び名はさまざまです。

呼び名は違えども共通していたのは、国内外で活躍しているコンサルタントの多くは、「メンタル面」と「ビジネス面」の両方において、サポーターのような存在を抱えているという点でした。

 

 



優秀なイメージコンサルタント達は、皆知っていました。

自分がどれほど素晴らしいアイデアをもっていたとしても、それを実現するためには、
他者の智慧や協力が必要となることを。

自分にどれだけ素晴らしい能力があったとしても、それを活かすための場所や方法、人脈などがなければ、能力は十分に開花されないということを。

自分ひとりの力でできることなど、たかが決まっているのです。

最初から自分の力で何でもしようとするのではなく、独立したら、頼りにできるブレーンのような存在をできるだけ早く見つけておく。

自分の専門分野ではないことは、他のエキスパート達の力をどんどん借りていく。

行き詰まった時には、悶々と悩まずインスピレーションを与えてくれる存在を近くに置いておく

そのようにして、周りのブレーンやリソースを上手に使いながら、仕事のチャンスを広げていくイメージコンサルタント達は、短期間でビジネスをグングンと飛躍的に発展させます。

私がニューヨークで仕事をしていた頃も、たくさんの人たちからの温かなサポートがあったからこそ、良い時も悪い時も、けっして諦めずにこの仕事を続けることができました。

 
また、メンタルとビジネスの両方において、ドミニックやキャロルから数々のアドバイスを受けたからこそ、10年以上もこの仕事の醍醐味を実感し、やりがいを感じながら続けることができできたのだと思います。
 
イメージコンサルタントにサポーターは必要不可欠です。
 
アメリカでの恩返しではありませんが、私自身も近い将来、イメージコンサルタントを目指す人たちのサポーターのような存在になりたい。頑張りながら切磋琢磨している人たちには、役立つ情報を惜しむことなく提供できる存在でありたい。

そのような強い想いを抱いて、5年前に日本に帰国しました。

日本に帰国後、Image Resource Center of New Yorkの日本校を設立してから今日に至るまで、IRC JAPANでは365日無料相談サービスを実施しています。

新しいキャリアを進むうえで避けては通れない失敗やトラブルは、その後の成長の大きな糧になります。

しかし、事前に情報があれば経験しなくても済んだ過ちを犯し、必要以上にキャリアを遠回りしてしまうのは、時間的にもコスト的にも、非常にもったいないことだと思っています。

 

生徒さん達が望むキャリアを最短で実現できるよう、最大限のリソースを与えるのがイメージコンサルタント養成スクールの最大の使命だと考えています。

IRC JAPANではこれからも365日、私が日本とアメリカの両方で経験してきたさまざまな成功例・失敗例をもとにリソースを提供し、受講生の方々を技術とビジネスの面からめいいっぱいサポートして参ります。

安積陽子 ニューヨーク イメージコンサルタント養成スクール

イメージコンサルタントにとって一番必要な存在 Part.2

 

今回の記事は、前回のブログの記事の続きになります。

前回のブログはこちらからご覧ください

私がニューヨークでイメージコンサルタントとしてのキャリアをスタートさせたのは、約10年前に遡ります。

 

国際イメージコンサルタント協会(AICI)の創立者であり、30年にわたり米国でイメージコンサルティング業界を牽引してきたドミニックから「大学を卒業したら、わたしの会社で働かないか?」と声をかけてもらったのが、始まりでした。

 

ドミニクイズベック Dominique isbecque

 

 

ドミニックは20年前にニューヨークでImage Resource Center of New York を設立し、全米中の企業を対象にコンサルティングを行いながら、ファッション工科大学(FIT)で教鞭をとっていました。

 

私はというと、誘いを受けた当時は、ニューヨークのファッション工科大学(FIT)で二年近くイメージコンサルティングとファッションビジネスを学んでおり

「今後のキャリアを日本とアメリカのどちらで築いていこうか」と悩んでいました。

 

そんなある日、

 

「YOKO、卒業したら私のもとでインターンとして働かないか」という声を突然かけてくれたドミニック。突然舞い込んできた、幸運のオファーを、私はその場で迷うこと無く受けいれました。

FITを卒業後、Image Resource Center of New Yorkのオフィスでドミニックと共に働くことになったのは、ドミニックの長年のパートナーであるキャロル・デヴィッドソン。

carol
キャロルは、ドミニックと同じくFITで講師を務めていましたが、講師であると同時に、国内の有名デパートでのファッションディレクターとして、また女性エグゼクティブ向けのパーソナルショッパーとしても幅広く活躍していました。
Image Resource Centerで始まったコンサルタントとしての第一歩。

 

大学でイメージコンサルティングについて学んだものの、実務経験はなく、現場で使えるかどうかもわからない頼りない私を、ドミニックとキャロルは次々に、エキサイティングなコンサルティングの現場へと連れ出してくれたのです。

(次回につづきます)

イメージコンサルタントにとって一番必要な存在 Part.1

IRC JAPANのイメージコンサルタント養成スクールでは、スクール設立以降、受講生と卒業生の方々に「365日無料相談サービス」を実施しています。

 

こちらのサービスは、スクール設立以降から大変好評で、スクールには毎日たくさんの生徒さん達から質問や相談がきます。

 

その内容は、お客様とのコミュニケーションに関するものからマーケティングに関すること、セルフブランディングに関するものからセミナーのプログラム&料金設定まで、多岐にわっています。

 

なぜ365日無料相談サービスを始めたのか?

この方針を決めたきっかけには、つぎの3つの理由があります。

 

 

①5年前に日本でイメージコンサルタント養成スクールを創設するにあたり、日本全国のイメージコンサルタント達に「卒業したスクールとの関係や、スクールへの満足度」についてヒアリングした結果、多くのコンサルタントたちが、独立後は卒業したスクールと疎遠になっていることがわかった。

 

②日本のイメージコンサルタントはメンターをもたない人が多く、ビジネスに関する相談者がいないコンサルタントは、スクールで学んだスキルを収入にうまく結びつけることができずに、6割以上が2年以内にこの仕事を辞めていることがわかった。

 

 

③イメージコンサルティングの仕事を長期にわたって続けるためには、スクールを卒業後も「ビジネス面」と「メンタル面」においてサポートをしてくれる人の存在が必要不可欠であることを、私自身が過去の経験から強く実感していた。

 

 

 

イメージコンサルティングのスクールで学んでいる間は当然、技術面に関する悩みの方が圧倒的に多いと思います。しかし独立後は、技術面に関する事よりも、ビジネスに関する悩みの方が確実に増えてきます。

 

 

 

とくに、はじめて起業をするという人にとっては、

・一般論ではなく、その人に合った具体的なアドバイスをくれるメンター(アドバイザー)


・長期的視野に立って、ビジネスについて一緒に考えてくれるメンター(アドバイザー)


・自身の失敗や成功に基づいた現実的なアドバイスをしてくれるメンター(アドバイザー)

 

 

・ときには耳の痛い話もしながら、厳しい現実を乗り越える方法を教えてくれるメンター(アドバイザー)

 

このようなメンターともいえる存在を必要とする時期が、何度も訪れることでしょう。
私がニューヨークでイメージコンサルタントとして独立したばかりの頃は、今の独立を控えている生徒さん達と同様、さまざまな不安を抱えていました。そして不安という暗闇の中、これから進む道先を光で照らしてくれる人の存在を求めていました。
そのような時期に、優しく手を差し伸べてくれたのは、国際イメージコンサルタント協会(AICI)の創立者であり、IRC NEW YORKの代表を務めるDominique Isbecqueと、同じくニューヨークで活躍していたイメージコンサルタントCarol Davidsonでした。

 

 

Part.2へつづく