10年後も活躍できるイメージコンサルタントになるために

イメージコンサルタントを目指される方であれば「イメージコンサルタントの仕事で独立し、経済的に自立すること」は、最初の目標の1つだと思います。


10年後も活躍できるイメージコンサルタントになるためには、

勉強をひととおり終えた後に何をするかではなく、

勉強を始めたときに何をするかが大切!

「数年先の自分の姿」をしっかりとイメージして、

1年思考、3年思考、5年思考、10年思考をもちながら、

「◯◯年後、どのようなイメージコンサルタントになっていたいのか?」

を最初の段階からできるだけ明確にしておくこと。

 

安積陽子 ニューヨーク イメージコンサルティング


そして、それらの姿を実現するためには、

「どのような課題に挑戦していかなければならないのか?」

「どのようなサポート(協力相手)が必要なのか?」

「どのような技術がさらに必要なのか?」

「必要な技術を、どのようなステップで習得していくのか?」

「利益はどのように生み出していくのか?」

「まだ他の人がやっていないことで自分ができることは何か?」

「自分だからこそ、お客様に提供できるものは何なのか?」

これらの問いとじっくり向き合いながら、ゴールを設定し、そのゴールから逆算して、365日「やるべきこと」をリストアップしていくことが大切です。

私が、IRC JAPANの代表としてニューヨークから帰国し、日本でイメージコンサルタント養成講座をスタートする際に決意したこと。

それは、

「10年後も活躍できるイメージコンサルタントを養成する」ということ。

そのためにも、日々のミッションとして、

★独立した後も、幅広い専門知識を習得し続け、専門スキルを深めていく方法。

★収入を上げ続けるための「ビジネスの仕組み」を築く方法。

これらを、受講生の方々にしっかり伝えてくことを強く意識しています。

 

 

あなたのお客さまから

「他のコンサルタントではなく、あなたにお願いしたい」

そう言っていただける理由を、今から1つでも増やしていくために・・・

10年先を見据えて、今できることはすべて始めておきませんか?

 

 

 

IRC JAPANは、イメージコンサルティング業界で30年の歴史がある

Image Resource Center of New York の日本校として、グローバルスタンダードの教材をもとに世界で通用する国際イメージコンサルタントの育成とビジネスをサポートしています。

 

人の印象を決める外見やコミュニケーション、立ち振る舞いなどを

効果的に演出し、最適なパーソナルブランディングを行える

プロのイメージコンサルティングの技術を、東京、大阪、仙台、

沖縄を拠点に学ぶことができます。(無料で全国出張可能)

 

 

★収入を上げ続けるための「ビジネスの仕組み」を築く方法。

これらを、受講生の方々にしっかり伝えてくことを強く意識しています。

 

 

あなたのお客さまから

「他のコンサルタントではなく、あなたにお願いしたい」

そう言っていただける理由を、今から1つでも増やしていくために・・・

10年先を見据えて、今できることはすべて始めておきませんか?

イメージコンサルタント養成 体験 説明会

 

 

IRC JAPANは、イメージコンサルティング業界で30年の歴史がある

Image Resource Center of New York の日本校として、グローバルスタンダードの教材をもとに世界で通用する国際イメージコンサルタントの育成とビジネスをサポートしています。

 

人の印象を決める外見やコミュニケーション、立ち振る舞いなどを

効果的に演出し、最適なパーソナルブランディングを行える

プロのイメージコンサルティングの技術を、東京、大阪、仙台、

沖縄を拠点に学ぶことができます。(無料で全国出張可能)

 

自分の声を録音する【印象管理術】

みなさんは「自分の声」を客観的に聞いたことがありますか?

講師業をなさっている方でしたら、撮影されたご自身の姿をご覧になり、

客観的に自分の声を聞く機会があるかもしれませんね。

「自分の声」がまわりの方にどう届いているかを知ることは、

印象管理をするうえで大切なポイントです。なぜなら普段

「自分の耳で捉えている自分の声」と、「他人の耳に届いている声」は、多くの場合異なるからです。



あなたの印象に影響を与えているのは、「自分の耳で捉える自分の声」ではなく、「他人の耳に届いている声」の方。

自分が与えたい印象をうまくコントロールするためにも、まずは携帯の録音機能などを使って自分の声を録音し、客観的に聞いてみてはいかがでしょうか?

そして、自分の声の特徴(トーン・速さ・くせ)を掴みながら、自分が思い込んでいた自分の声とギャップはないか?そして第三者の耳で聞いた時に、自分の声は周りの方へどのような印象を与えるか、分析してみてくださいね

 

頭の中にあるイメージを共有する【イメージコンサルティング】

みなさんは、【お金】【仕事】【人生】【豊かさ】【成功】

これらの言葉から、どのようなことを連想しますか?

言葉に含まれた意味というのは、その方の年齢や性別、住んでいる環境、職業や経験してきたものによって大きく異なります。

たとえば【成功】という言葉を1つの例にとっても、男性にとっての【成功】と、女性にとっての【成功】は、多くの場合、同じものを指しているわけではありません。

また【キャリア】という言葉を例にとっても、大きな挫折や失敗を経験したことがある方と、そうでない方とでは、【キャリア】という言葉に対して抱いている印象は異なります。

さまざまな経歴をもったお客様が訪れるイメージコンサルティングの現場。

一番大切なのは、「お客様がもっている価値観」と「自分がもっている価値観」は異なるということを最初から前提にしたうえで、会話をすること。そして、自分がもっている偏見をできるだけ取り除いた上で、【お客様が大切にしている価値観】を深く理解するということ。

この作業を怠ってしまえば、お客様の頭の中にあるベクトルと自分の頭の中にあるベクトルが別な方向を向いていても、なかなか気づくことはできません。

コンサルテーションの中で、お客様と「共通の単語」を使って会話をしていたとしても、その単語に付随している〈意味〉や〈価値観〉は必ずしも同じではありません。

その意味付けは、年齢や経験、育った環境や性別によってどのくらい異なるのか?
その違いを理解するためには、さまざま単語をテーマにしながら、身近な方と以下のワークをやってみると一目瞭然です。

互いのバックグラウンドが異なるほど、面白い結果がでてくるはずですヨ。

安積陽子 ニューヨーク イメージコンサルタント2